« 漱石の偏見論 自然の復讐 | トップページ | この宿なしの小猫 »

2005年9月20日 (火)

いまよみがえる夏目漱石

                                                                       漱石一覧 

鎌倉の仲地漱祐さんが市長選挙に立候補された。
夏目漱石のお孫さんである。
4女愛子さんの長男で、1946年2月26日生れだという。
横浜の大空襲で横浜の家が焼けたので、お婆さんの住む池上の夏目家に転がり込んでいて、そこで生まれた。
鏡子夫人は男の子が生まれたのをひどく喜び、<漱>という字を是非つけろと言われ、漱祐という名がつけられたのだという。
お祖父さんの記憶はもちろんないが、鏡子夫人は1963年没だから、大変可愛がってくれたお祖母さんのことはいろいろ記憶があるという。

漱石や鏡子夫人をお祖父さん、お祖母さんと呼ぶ漱祐さんの話を聞いていると、漱石の世界が、ごく身近なものに感じられて愉快だった。

中学3年のとき、ドイツ人の校長と喧嘩して、高校までつづく私立の名門進学校を中学で止めさせられたという話を聞き、その信条は<弱きを扶け強きを挫く>だと聞いて、漱石の<百年の後に生きる>という言葉を思い出した。

<百年の後に生きる>とは文学史にその名が残るという意味ではない。漱石は「自分が社会的分子となって未来の青年の肉や血となって生存」することを求めた。

1906年10月23日、哲学者の友人狩野亨吉に宛てた手紙に、東京高等師範を辞して松山中学に赴任した当時を回想して、次のように書いている。

ア「自分の立脚地から云ふと感じのいい愉快の多い所に行くよりも感じの悪い、 愉快の少ない所に居ってあく迄喧嘩をして見たい」
「それでなくては生甲斐のない様な心持ちがする。何の為めに世の中に生れているのかわからない気がする」

イ「僕は世の中を一大修羅場と心得ている。そうしてその内に立って花々しく打死をするか敵を降参させるかどっちかにして見たいと思っている」

ウ「打死をしても自分が天分を尽くして死んだという慰籍原があればそれで結構である」 「 尤も烈しい世の中に立って(自分の為め、家族の為めは暫らく措く)どの位人が自分の感化をうけて、どの位自分が社会的分子となって未来の青年の肉や血となって生存し得るかをためして見たい」

エ「彼等がかく迄に残酷なものであると知ったら、こっちも命がけで死ぬ迄勝負をすればよかった」

オ「自分が戦わなければ、それだけ「社会の悪徳を増長」させることになる。これからはこんな場合には「 決して退くまい。否進んで当の敵を打ち斃してやろう」

これは大学をやめて文学一筋に生きようとして迷っていた時のお言葉だが、やがて『朝日新聞』に入社し、「虞美人草」で職業的な作家として出発したとき、「文芸の哲学的基礎」という講演で、次のように述べている。

「文芸は単に文芸であってはならない。文芸の意味は、作家の偉大な人格が読者の心にしみわたり、その血となり肉となって子々孫々まで伝わることにある。」

「自分が真の意味において一代に伝わり、後世に伝わって、始めて我々が文芸に従事することの閑事業でない事を自覚するのであります。始めて自己が一個人でない、社会全体の精神の一部分であると云う事実を意識するのであります。始めて文芸が世道人心に至大の関係があることを悟るのであります」

「虞美人草」執筆当時の手紙には次のような言葉がある。

  細民はナマ芋を薄く切って、それに敷割(麦のひきわり)などを食っているよし。芋の薄切は猿と択えらぶ所なし。残忍なる世の中なり。而(しこう)して彼等は朝から晩まで真面目に働いている。

岩崎の徒を見よ!!!
終日人の事業を妨害して(いな企てて)三食に米を喰っている奴等もある。漱石子の事業はこれらの敗徳漢を筆誅するにあり。

『二百十日』の圭さんは阿蘇の噴煙を仰いで、「仏国の革命なんてえのも当然の現象さ。あんなに金持ちや貴族が乱暴をすりゃ、ああなるのは自然の理屈だからね。ほら、あの轟々鳴って噴き出すのと同じ事さ」と言う。圭さんは「僕の精神はあれだよ」と言い、「血を流さない」「文明の革命」を主張するのである。

「僕の精神はあれだよ」と圭さんが云う。
「革命か」
「うん。文明の革命さ」
「文明の革命とは」
「血を流さないのさ」
「刀を使わなければ、何を使うのだい」
圭さんは、何にも云わずに、平手で、自分の坊主頭をぴしゃぴしゃと二返叩いた。
「頭か」
「うん。相手も頭でくるから、こっちも頭で行くんだ」
「相手は誰だい」
「金力や威力で、たよりのない同胞を苦しめる奴等さ」
「うん」
「社会の悪徳を公然商買にしている奴等さ」
「うん」
「商買なら、衣食の為めと云う言い訳も立つ」
「うん」
「社会の悪徳を公然道楽にしている奴等は、どうしても叩きつけなければならん」
「うん」
「君もやれ」
「うん、やる」

京都の椿わびすけさんが掲示板に仲地さん立候補のことを書いてくださり、仲地さんの従姉、マックレイン・松岡陽子さんの次のメールが紹介された。
http://hpmboard1.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=ANC56573

従弟の仲地漱祐が鎌倉市長立候補とのこと面白いです。彼は本当に可愛い赤ん坊だったのを覚えています。私は彼が七つのときこちらに来てしまい、数年前母の十三回忌にほとんど五十年ぶりかで会ったということですので、もし町で擦れ合っても絶対にお互いに分かりません。私は二百パーセント戦争反対の人間なので、その点でも「改憲には反対。戦争であれだけの犠牲を払って得た9条だけは変えてはいけない。鎌倉市は全国に先駆けて平和都市宣言をしており、市政はこれを尊重する義務がある」と彼が言っているというところが気に入りました。勝つと嬉しいですが……

漱石の孫たちが平和主義者としてがんばっているのは、漱石の精神を受け継ぐものと思われて愉快である。

平和は漱石の生涯追求した主題だった。
特に、死の年(1916年)の新年に発表した『点頭録』は「軍国主義」「トライチケ」の章を設け、平和への熱い心を語っている。

いま、漱石がよみがえり、孫の漱祐さんの奮闘を支援してくれることを強く望む。
漱石については本通信<第165号 2005年9月7日 日露戦後百年と夏目漱石>を参照していただければ幸いである。
http://tizu.cocolog-nifty.com/heiwa/2005/09/156_2005__778c.html

昨夜は中秋の明月だった。
中国では盛大に観月会が開かれる。アジア各地に同じ風習があるのだろう。
同じ月が中国も朝鮮も、アジアと世界を100年前と同様に照らしている。
パレスティナやイラクの難民はどんな思いでこの月を眺めていたか。

考えれば、戦闘機だの、戦車だの、空母、ミサイル、トマホークだの、莫大な富を集中して最新兵器をそろえ、これで、多数の非戦闘員を殺戮する。なにか、馬鹿げた話だ。

「点頭録」に次の言葉がある。

自分は常にあの弾丸とあの硝薬とあの毒瓦斯とそれからあの肉団(にくだん)と鮮血とが、我々人類の未来の運命に、何(ど)の位の貢献をしてゐるのだらうかと考へる。さうして或(あ)る時は気の毒になる。或る時は悲しくなる。又或る時は馬鹿々々しくなる。最後に折々(をり/\)は滑稽さへ感ずる場合もあるといふ残酷な事実を自白せざるを得ない。左様(さう)した立場から眺めると、如何(いか)に凄(すさま)じい光景でも、如何に腥(なま)ぐさい舞台でも、それに相応した内面的背景を具(そな)へて居ないといふ点に於(おい)て、又それに比例した強硬な脊髄を有して居ないといふ意味に於て、浅薄な活動写真だの軽浮(けいふ)なセンセーシヨナル小説だのと択(えら)ぶ所がないやうな気になる。

戦後の世界を考えれば、たえず、武力で他国を威嚇してきたのはアメリカだった。
しかし、その時代もいまようやく終ろうとしているのではないか。
もちろん、それは簡単ではないだろうが、イラクの失敗はルイジアナの悲劇と重なって、アメリカのネオコンの後退を招かずにはいない。

戦力を抛棄する日本国憲法はかつて世界に例を見ないものだから、不安を感ずるのは当然だ。
しかし、その憲法のもとで曲がりなりにも経済大国になった日本は、いまは、武力によらずしても国土と国民を守ることが出来るようになったのではないか。戦後の日本は、世界の未来を照らす。
平和立国を強化することで、世界類のない発展を遂げることは世界の希望だ。
平和憲法を徹底して守ること、いまのあいまいな脱憲法状況を憲法によって正していくこと、そのことだけが、日本を守り、アジアの信頼と世界の尊敬を得る道だ。
いま、あらためて、明治以来の軍国化の道を清算して新しく歩み出した戦争直後の日本に立ち返り、そこから、これからの日本の安全と発展について根本から考え直して見るべきときだろう。

どれだけの武装をすれば日本は安全だろう。
そのために、どれだけの社会福祉を犠牲にすれば日本人は幸福になるだろう。
しばしば、私たちは古くさい偏見にとらわれて自縄自縛に陥る。
他国に無量の犠牲を強い、自国民をに多大の不幸を強いて、そしてぬきさきならぬ泥沼にあえぐアメリカを参考にして、よくよく考えるべきときだ。

コイズミ政権もペテンはたちまち神通力をうしなって、結局、平壌宣言の実現と、それによる拉致問題解決への道へと歩みはじめることだろう。
今までは、ある勢力が家族の方々を、拉致問題を解決できない自縄自縛の道に動員していたのだ。
経済制裁せよと叫ぶ家族の姿はあまりに痛々しくて見ていられなかった。

無知の故に、すべてが逆さまに見えるように国民を動員してきた日本のマスメディアは、これから、すこしはまともに、アジアの姿を伝えようになるかも知れない。
これからは、もう少しまともな方向に進む可能性が開けてきたように思う。

漱石はその社会的、平和的本質が見えなくなるように、漱石研究者たちの多くは奮闘している。
彼らとたたかい、漱石のほんとうの姿をいまによみがえらせるのは、私が残された時間にしなければならない仕事だ。
健康に注意してそのために努力したい。

天高く馬肥ゆの秋である。
皆さんのご健康を祈る。

  伊豆利彦 http://homepage2.nifty.com/tizu

|

« 漱石の偏見論 自然の復讐 | トップページ | この宿なしの小猫 »

コメント

はじめまして
勝手ながら
トラックバックさせていただきました。

投稿: 佐藤 | 2005年10月 2日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92803/6031056

この記事へのトラックバック一覧です: いまよみがえる夏目漱石:

» かまくら [勝手に「はまおり」〜書記日記]
鎌倉市長選挙が今月23日投票で行われます。 神奈川土建はわれわれ庶民の、建設に働く仲間の声に耳を傾け、市政に生かしてくれる候補者を応援します。 予定候補者である 小町通商店街で長年にたり輸入雑貨店を営んでいる なかち漱祐さんは平和と暮らし、文化を守ること立場で立候補する予定で 神奈川土建も応援することになりました。 私も今日、鎌倉の町を歩いて、ハンドマイクで応援してきましたよ!暑かった〜! なかち漱祐さん、実はある有名人のお孫さんです。... [続きを読む]

受信: 2005年10月 2日 (日) 22時54分

« 漱石の偏見論 自然の復讐 | トップページ | この宿なしの小猫 »